豊島区 東長崎 歯科:一般歯科 | 小児歯科 | 口腔外科 | 顎関節症 | 歯周病治療 | 親知らず | 義歯 | 審美 | インプラント | ホワイトニング

東長崎 たいら歯科

院長ブログ

お知らせ

東長崎駅近隣地図
東長崎駅近隣地図

東長崎の歯医者

東長崎の歯科

スマートフォン用QRコード
スマートフォン用QRコード

QRコード
携帯電話用QRコード

小児歯科

子供待合室

早い時期での治療や予防が大切

「乳歯はどうせ抜けてしまうから、痛くなければ治療しなくても良い」
と考えていらっしゃる方は多くないでしょうか。

小児歯科虫歯の原因はお口の中の細菌ですから、乳歯が抜ける前にその細菌層が定着し、虫歯になりやすい環境下になってしまうと、永久歯にはえかわってもやはり虫歯になりやすくなってしまうのです。

又、乳歯やはえたての永久歯は、成熟した永久歯に比べ構造が弱く、虫歯に対して抵抗力が劣るため進行が早いのです。ですから、早い時期での治療や予防が大切です。


乳歯の生える時期・生えかわる時期

乳歯の生える時期

生後6〜7か月ごろから下の前歯が生え始め、2〜3才ぐらいの間に上下あわせて20本が生えそろいます。

乳歯の生えかわる時期

6才前後に下の前歯から生えかわることが多く、13才前後で上下あわせて28本が生え揃います。また、下の前歯よりも先に一番奥に6才臼歯が生えてくる場合もあります。

下の前歯は通常、乳歯よりも舌側から生えてくることが多く、乳歯が抜けた後に舌と唇の圧力で前方の正常な位置に押し出されます。


乳歯の大切な役割

  • 噛むことで筋肉の発育、顔や顎の骨の成長を助ける。
  • 発音を助ける。言葉を覚える時期には、その役割は大きい。
  • 噛むという刺激により、乳歯の下にある永久歯の正常な発育、生えかわりを促す。

つまり、乳歯は子供の成長に大きな影響を与える器官なのです。
虫歯で穴があいたり、痛みを感じると食事が満足に摂れず、栄養面で問題がでるだけでなく、上記のような成長の妨げになる可能性があります。

乳歯を虫歯にしないというのは、大変重要なことです。
毎日の歯磨き、歯科医院での検診、大きな穴があく前の虫歯治療が大切です。


フィッシャー シーラント

はえたての永久歯の虫歯になりやすい深い溝に、樹脂を流し虫歯を予防する治療です。この方法は歯を削らずに行えます。

歯の表面の溝

樹脂を流し込みます

フッ素塗布

構造の弱い乳歯やはえたての永久歯は、フッ素を塗布することにより強化することができます。
専用のジェルをスポンジにつけ、5分間咬むだけです。
フッ素塗布

診療時間 (日・祝休診)
10:00 〜 13:00
14:30 〜 20:30
17:00まで

17:00まで
© 東長崎の歯科医院 たいら歯科 東京都豊島区南長崎5-13-10(MAP) 03-5988-4888